メッセージ MESSAGE

クルマは安全、環境、快適性の点で、その性能を大きく進化させてきました。そして進化のスピードは高まり続けています。クルマが外部ネットワークとつながり、エンジンはモーターに、運転は自動運転へと変わろうとしています。今まさにクルマに大変革が起きています。
この様な状況を踏まえ、私たちは自動車業界の多くの経営者と話をしてきました。皆さん大変革の渦中にいて、多くの悩みや課題を抱えています。会社の目指す方向を決めるため、信頼できる情報が欲しい。ゴールは決めたが自社だけでは技術力不足、パートナーを紹介して欲しい、グローバルに優秀なエンジニアを採用したい、等々。
これらの声を聞き、私たちは総合商社の協力を得て「SC Automotive Engineering」を立ち上げました。商社の持つ広いネットワークから信頼できる情報を入手します。経験豊かな技術者が課題を分析し、最適なソリューションを提供します。更にお客様がゴールへたどり着くまで、チームが親身になって解決をお手伝いします。
このような取り組みを通じて、私たちは心から信頼して頂ける技術開発のパートナーになりたいと思っています。

SC Automotive Engineering
代表取締役社長 山ノ井 利美

アプローチ APPROACH

私たちは、以下のStep01~04でアプローチします。

STEP 01 お客様からの
ヒヤリング

各分野のエキスパートに、
何でもご相談ください。

STEP 02 課題の
発掘/明確化

一社では解決できない
複雑化した課題や問題点を
的確に抽出します。

STEP 03 課題に合わせた
ソリューション及び
パートナーの提案

課題解決に最適なプランや具体的な実施計画、必要なリソースを グローバルな視点でご提案し、プロジェクトのゴールを設定します。

STEP 04 ソリューションの
実行

提案だけでなく実行まで。
あなたのための
エンジニアリングパートナーです。

強み・特徴 STRENGTH / FEATURE

商社ならではのグローバルネットワークから入る多大な情報と、
それらを分析して開発に役立てる経験豊かな自動車/部品開発のエキスパートが、
多くの強みと特徴を創り出しています。

一緒に考え、課題解決を実現する
自動車産業のパートナー

SC Automotive Engineeringの強みは、自動車の開発・流通・モビリティを知り尽くしていること。そして自社内やグループ内に、いま求められる技術の専門家が多数結集していること。
お客様の課題を咀嚼し、最適なESPの提案や技術戦略の支援、新しい開発プロセスの導入、製品モジュールとソフトウェア開発を組み合わせた高付加価値ソリューションの提案など、最先端の提案とプロジェクトの推進が可能です。

*ESP:エンジニアリングサービスプロバイダー

多様な解決方法と特徴

End to End Service

はじめにお客様の要望を正しく理解します。
その後 課題を分解・整理し、各領域の専門家の協力を得てプロジェクトが完遂するまで徹底サポートします。

One Stop Service

お客様の様々なご要望に対して、自動車業界とその業際について知識豊富な多くのエキスパートが一手に引き受けて、課題解決に導きます。

Global Service

お客様へのサービスは日本国内に限りません。海外のプロジェクトに対してもバイリンガルエキスパートと現地状況に詳しいスタッフがサポートします。

Integration Service

お客様の強みは最大限に活かします。その上で不足する領域については、技術に精通した最適なパートナーを選定します。

サポート SUPPORT

課題やキーワードに心当たりがございましたら、
私たちにご相談ください。

課題例 01

厳格化する環境規制への対応

  • 燃費を改善しCO2排出量を低減するため、車両を大幅に軽量化したい。
  • 開発の上流工程で音振対策を実施したい。
    NVHを意識してエンジン開発を行える
    ノウハウを得たい。
課題例 02

グローバルに通用する開発プロセスの導入

  • 欧州のOEM/部品メーカーとの共同開発に必要な
    スタンダードに対応したい。
  • Automotive SPICE 対応などグローバルな
    開発プロセスを導入したい。
  • コロナで通常通りの開発が難しい、
    けどプロジェクトは止められない。
    コロナ渦でも質・納期を守る開発サポートが欲しい。
課題例 03

海外地域での実験・評価

  • A国の規制・規格に適した走行試験を実施したい
    が、現地パートナーが見つからない。
  • 走行試験からData Annotation、HILSのセットアップまで、現地で速く、安く対応してくれる会社を探している。
課題例 04

不足するエンジニア・増大する
開発費への対応

  • CASE領域でのエンジニアが不足している一方で、
    開発費は増大している。
  • オフショアで新興国の企業と協業し、より安価
    に開発を行うことはできないか。

主要なサポートメニュー

Automotive Mechanical Solutions
エンドツーエンド車両開発、車両ベンチマーク・シミュレーションを軸とした開発、モジュール(サブシステム)の開発、バリューエンジニアリング、
生産準備開発、インダストリー4.0、ワランティーマネジメント、プロトタイプ開発、サプライチェーンマネージメント

Automotive Electronics Solutions
ECU機能開発と実装、AUTOSAR、機能安全、Validation & Verification、Virtual Validation、HILS構築、
MBD(モデルベースドデベロップメント)/MBSE(モデルベースドシステムズエンジニアリング)、ソフトウエア開発、
ADAS - アノテーションデータセンターの構築・設置、デジタル統合コックピット、インフォテイメントテスト自動化、コネクテッドソリューション、
e-SIMマネージメント、テストインフラのソリューション、EV用コンポーネント開発

お問い合わせ CONTACT

メールでのお問い合わせは お問い合わせ

NEWS